正直屋のこと

地元の方々に愛されて間もなく50年を迎えますが、おじいちゃん(社長)は真っ正直で、「素材にこだわったうえでお得に美味しく召し上がっていただきたい」気持ちを通し続けています。
この食堂こそが「紅葉館」のベースであり、料理のルーツともいえる存在なのです。
お客様の中には宿泊を「紅葉館」、お食事を「正直屋」、そんな自由気ままな滞在をされる玄人っぽい方々も見受けられます。お昼のランチも営業しておりますので、気軽にご利用ください。    
正直屋メニュー
「エノハ定食」
ヤマメとアマゴを総称して「エノハ」と呼びます。(主に九州北部)
天然物は至って少なく、秋口の美味を求めて山にこもる釣り人もいるほどで、まさに希少価値です。「塩焼き」「唐揚げ」「刺身」の贅沢な味わいをお楽しみください。
「ドジョウ定食」
田舎ではふつうに食べてますが、最近ちょっと珍しくなりました。
養殖物は臭みも無く、さっぱりいただける上に滋養強壮の食材としてその昔から珍重されてきました。タマゴで落とした「柳川鍋」、サクッと揚げたて「唐揚げ」、タレとの絡みも抜群な「かば焼き」 山里ならではの珍味を体験してみては?
「鯉定食」
これも古くからの山のごちそうです。醤油よりも「酢味噌でいただく新鮮なお造り」、上品な薄口醤油と和風ダシの「煮込みタマゴ」、そして「鯉こく」 コイに対するイメージが大きく変わるかもしれません。
「とり天定食」
もはや大分では県民食ともいえる定番です。鶏もも肉をさっくり揚げて、ポン酢とちょいカラシでご飯もがっつり。
お子様も安心メニューです。
別注「鯉のあんかけ」
野菜たっぷり中華風 みんなで取り分けるパーティー料理です。
ページトップへ↑